芳醇にして軽やか。赤坂璃宮で広東料理の神髄を。

広東料理は、世界中の食材を繊細に、大胆に使いこなすことで知られていますが
我々は中国本土にさえひけをとらない日本の食材の瑞々しさをどこよりも讃えています。
クラシカルモダンなホテルの空間の中で ゆったりとした大人の時間をお楽しみください。

Menu

源」

海鮮においても、野菜においても、日本の山海の幸は四季折々の慈味に富み、
「医食同源をうたう広東料理にこそふさわしい」と考えております。
四季折々の食材を使ったコース料理や、お気軽にお立ち寄りいただける豊富なアラカルト料理をご用意いたしております。

Chef


シェフの紹介

は穏やかで、体に優しいのが基本。

私どもは、広東の中でも香港風の広東料理を提供せていただいております。
譚 彦彬と、赤坂璃宮で腕を磨いてきた料理人たちが力を合わせ 調理法と食材の追及に切磋琢磨することで、日本に新しい広東料理を提案いたしております。
ソムリエによる充実したワインと年代物の紹興酒とのマリアージュも是非お楽しみください。

オーナーシェフ

彦彬Tan Hikoaki

横浜出身の私は 洗練された大人の街、新百合ヶ丘で赤坂璃宮の広東料理スタイルを皆さまにお届けできることをとても嬉しく思っております。
これからもどうぞお気軽に いろいろなシーンでのお食事をたっぷりとお楽しみください。

プロフィール

1943年 横浜中華街生まれ。
京王プラザホテル「南園」副料理長、ホテルエドモント「廣州」の料理長を経て、1996年9月より「広東名菜 赤坂璃宮」のオーナーシェフとなる。
2004年10月「広東名菜 赤坂璃宮 銀座店」をオープン。
広東料理、中国料理の域を超え、日本人の好みを知り尽くしている譚彦彬の美味な料理は、素材を厳選して、素材の味を最大限に引き出し、限りなく本場に近い広東料理にあくまでもこだわり、多くのファンを魅了している。
赤坂璃宮でしか味わえない「自家製窯焼き叉焼」、「ハタの姿蒸し」、「フカヒレ料理」は絶賛の逸品。
本場の中国の味を紹介するための研究と、食材の買い付けのため、年に数回、香港、中国に出かけている。

総料理長

利彦

Takahashi Ryouricho

これまで譚シェフの下で学んできた広東料理の技と魅力を存分にお伝えできますよう、精いっぱい精進してまいります。
皆さまのリクエストにお応えして 柔軟な料理アレンジをさせていただきますので、ご遠慮なくお声がけください。

プロフィール

1961年 東京生まれ。
京王プラザホテル、浅草ビューホテル、シェラトンホテル東京ベイなどのホテルを歴任し、 明治記念館の料理長を務める。
赤坂璃宮では譚 彦彬シェフの下で本格的な広東料理の腕を磨き 伝統の技を伝えている。